間(アイダ)specialist(研究家)加藤綾音の小さな幸せ発見記 Camping in Residence!

【みゆき野映画祭in斑尾】雪渡りと、きつねと、子どもたちと…♪

Share on Facebook

2月28日。長野の斑尾高原で行われた、みゆき野映画祭in斑尾で子ども向けワークショップの担当をさせていただきました〜!

寒くて、きれいな雪一面のスキー場。

何か物語がはじまりそうな空でした・・・。

IMG_4922

この雪景色のホテルの玄関の前で、雪のスクリーンで北欧短編映画を観る夜。それが、みゆき野映画祭です。

私が着いた日には、すでに立派な雪のスクリーンが出来上がっていました。

IMG_4911

この映画祭では、プロジェクションマッピングという手法で、この雪の上に映像を映します。

平面だけではなくて、凸凹したところにも映像を映せる技術です。

子どもたちのワークショップに向けては、事前に雪でこの子を作りました。

IMG_4907

そう…きつね(に見えますよね?硬い雪でつくったので結構大変でした…)。

宮沢賢治の小説「雪渡り」に出てくる登場人物です。

今回のワークショップは、子どもたちと一緒にこの物語を読んで、「きつねってどんなイメージ?」というところから、この雪きつねさんの上に絵を映し出すという内容。プロジェクションマッピング自体の体験は、私も初めてでしたが、子どもたちの表現の時間の企画、場づくりをお手伝いさせていただきました。

 

堅雪かんこ♪ しみ雪しんこ♪

キックキックトントン、キックキックトントン…

 

宮沢賢治の文はリズムと音が楽しい。2歳から小学生の子どもたちと、雪の中を実際に歩きながら朗読してみました。体の動きもつけて、読みました。

ボランティアスタッフで参加している他の皆さんにも手伝っていただいての、雪の中での「読む」体験は想像以上で、とても素敵な経験でした。(即興の朗読依頼に答えてくださった方々、ありがとうございました〜!)

 

「きつねって嘘をつくかしら?」「きつねの心ってどんなだと思う?」「きつねさんに色をつけてみて」

 

そして出てきた十人十色のきつねたち。

 

IMG_4912

 

IMG_4899 IMG_4901 IMG_4902 IMG_4904 IMG_4898

 

「このきつねは、買い物に行くの〜」

「このきつねはね、団子が好きで…」

「僕のは、海老餃子が好きなきつね…」

広がっていくお話。

その子、その子の中から出てきたものが、色になって、雪の上に映る。

力強い子どもたちの表現に元気が出てくる時間でした。

 

そして寒い、寒い、夜の投影!

 

IMG_4929

IMG_4888

 

11005670_10203865305893876_1860862708_n

11039364_10203865305853875_289140865_n

 

初めての経験がたくさん詰まった3日間!

素敵な出会いもあり、吹雪にも遭い、久々に限界までエネルギーを使って、今の自分の持てるもの(体力、知識、根気…など?)も見える貴重な時間でした。いろいろな巡り合わせに感謝です!

 

また機会があれば、このような表現活動の場にも関わって行きたいなと思います。

IMG_4927